任務

高付加価値のアウトリーチイニシアチブを提供

 ✔

テネシー州と日本両国間の活気ある関係を維持

 
経済的未来を確固たるものとし
 商業の刺激


概要

  独特なアウトリーチ・プログラムと州全体にわたるパートナー主導のイニシアチブのサポートは、日系企業にとっての最高の事業場所として、そして歓迎された環境として、テネシー州の評価を高める当会(JAST)の役割を促進しています

テネシー日米協会は2000年に日本とテネシー州住民のお互いの文化を理解し、友情を深めるために設立されました。法人・個人会員費用により運営されている501(c)3指定の公益性の高い非営利団体です。共同名誉会長には、ビル・ハスラム テネシー州知事、そして、在ナッシュビル日本国総領事館杵渕正巳総領事が名を連ねています。テネシー日米協会は一流企業、組織、団体からのボランティア25名による役員で運営されております。

活動内容

毎年恒例のネットワークレセプションと、日本・アメリカ南東部会に参加するテネシー州内の企業代表をサポートすることが協会の主な活動となっています。また、テネシープログラムの三井USA奨学金、毎年恒例テネシー地区日本語弁論大会、ナッシュビル桜祭りなどを含む地域別文化的フェスティバル、そして、レクチャー、セミナー、展示や音楽演奏、円卓会議などの様々な社交的なネットワーク活動などの趣旨を目的とした様々なイベントも支援しています。

特典

日米協会会員は、日本社会とアメリカ社会双方の会員が同時に、様々なビジネス、教育、文化、社会プログラムへ参加する機会が増えます。加えて日本企業はテネシー州の文化構造へ貢献することが出来ると共に、地域社会への関心を示す事が出来、日本社会外と関わりを持つ機会や、日本と繋がりのある、あるいは日本に関心のあるアメリカ企業と知り合う機会を持つ事が出来ます。日系企業でなくても、州内に住む日本人や日系企業と知り合い、ビジネスを持つ機会を増やす事が出来ます。



Powered by Wild Apricot Membership Software